エクササイズなどで温めることが効果的

効率的にダイエットをするには、どんな方法があるでしょうか。ダイエットの効果を阻んでいるものに、冷え症体質があります。体温が一度上がるだけで基礎代謝はアップし、痩せやすくなるといいます。肩こりや腰痛に悩まされている人や、便秘がちで困っている人、免疫力が低い人も、体温を上げることは効果的とされています。体を温めてダイエット効果を上げるには肩甲骨を温めるのがおすすめです。脂肪燃焼効果のある褐色脂肪細胞というものが肩甲骨には集まっています。加齢と共に褐色脂肪細胞は少なくなっていくため、肩甲骨を温めるなどの刺激が効果を発揮します。褐色脂肪細胞の働きを維持するためには、肩甲骨周りの筋肉をよく動かすことです。ダイエット効果を得るために褐色脂肪細胞を活発にしておきたい場合、日々のストレッチが適切です。肘を軽く曲げた状態で肩を前後に回すような体操で十分ですので意識して続けてみましょう。ダイエット効果にはふくらはぎの冷えも大事ですが、ふくらはぎの冷えに対しては関心を払っていない人が多いようです。他の部分に比べて動きが少ないので全身の中で最も血流が悪く冷えやすいといいます。ふくらはぎが冷えて血流が悪くなると太りやすい体質になってしまいます。ふくらはぎのエクササイズは、つま先でしばらく立ってみるなどの方法があります。家事の最中や、テレビを見ながら、ふくらはぎを温めましょう。ダイエット効果をアップさせるためには、体の中で冷えやすい部分をエクササイズなどで温めることが効果が期待できます。

ミュゼ 札幌